> 

まつたけ(松茸)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

まつたけ(松茸)

まつたけ(松茸)【概要】

昔からまつたけ(松茸)は「かおりマツタケ、味シメジ」といわれるくらいに、きのこの仲間では代表的なものです。
まつたけ(松茸)は秋に、あかまつ、とどまつ、えぞまつなどの林に発生する。

まつたけ(松茸)の独特の香り、歯ごたえから「きのこの王様」と言われる。まつたけ(松茸)は人工栽培できず、年々収穫量が減少しているため価格が高い。韓国、カナダから輸入しているまつたけ(松茸)は比較的手頃な価格なものもある。まつたけ(松茸)の香りの主成分はマツタケオールと桂皮酸メチルである。余談ではあるが、まつたけ(松茸)の香料を吹きかけて、低価格のまつたけ(松茸)を高値で売ると言った詐欺めいたことがあるらしいのでお気をつけ下さい。

まつたけ(松茸)は他のきのこと比べて、脂質がやや多く、ビタミン類が少ない。ただ微量ではあるが、きのこには珍しいビタミンCを含んでいる。また、他のきのこ同様まつたけ(松茸)にも多糖類が豊富です。まつたけ(松茸)以外の他のきのこにも多糖類は多く含まれているのでガン対策と考えるならばまつたけ(松茸)でなくとも価格の安い他のきのこを食した方がよいでしょう。まつたけ(松茸)などに含まれる多糖類には制ガン作用があるといわれますが、ガンにかかってから食べても間に合いません。

まつたけ(松茸)に含まれる健康成分

まつたけ(松茸)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□まつたけ(松茸)に含まれる成分(エルゴステリン)の効果があると思われるもの
骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□まつたけ(松茸)に含まれる成分(ナイアシン)の効果があると思われるもの
肌荒れ・ニキビ / 薄毛(はげ) / 不眠症 / 二日酔い / 脳 / 糖尿病 / 精神安定 / ・・・もっと見る
□まつたけ(松茸)に含まれる成分(ビタミンD)の効果があると思われるもの
骨盤 / アンチエイジング / 歯 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 前立腺ガン(前立腺癌) / インフルエンザ / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにまつたけ(松茸)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「まつたけ(松茸) 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加