> 

きす(鱚)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

きす(鱚)

きす(鱚)【概要】

きす(鱚)は1尾約70g。きす(鱚)の体は円筒形で細長く、尾部は平たい。きす(鱚)は北海道南部から中国広東省にかけて分布し、日本各地の内湾、沿岸に住みます。きす(鱚)にはしろぎす、あおぎすなどの種類があるが、味がよいのはしろぎすで、きす(鱚)というと普通はこれを指します。しろぎすは全長25~30cmになり、背部は淡黄色、腹部は銀白色です。きす(鱚)は夏が旬で、近海ものは高級魚とされ、冷凍の輸入きす(鱚)が多く出回っています。きす(鱚)は釣りの対象としても親しまれています。

きす(鱚)は白身の魚で脂質が少なく、無機質、ビタミンも特に多くない。主にたんぱく源として利用されます。きす(鱚)は淡白で上品な味なので、刺身、すし種、塩焼き、わん種、てんぷら、フライなどに向いています。

きす(鱚)に含まれる健康成分

きす(鱚)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□きす(鱚)に含まれる成分(たんぱく質)の効果があると思われるもの
C型肝炎 / 血管強化 / むくみ / 腰痛 / 薄毛(はげ) / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 筋肉強化(筋力強化) / ・・・もっと見る
□きす(鱚)に含まれる成分(ビタミンD)の効果があると思われるもの
骨盤 / アンチエイジング / 歯 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 前立腺ガン(前立腺癌) / インフルエンザ / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにきす(鱚)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「きす(鱚) 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加