> 

わかさぎに関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

わかさぎ

わかさぎ【概要】

わかさぎ(公魚)は全長が約15cmの小さく細長い魚で、体色は淡い銀色をしています。本来”わかさぎ”はさけ(鮭)と同様に海と淡水とを往復する魚で、霞ヶ浦、宍道湖などに分布しますが、山中湖、榛名湖、琵琶湖など、全国各地の湖沼や河川に移植されて繁殖し、淡水魚化しています。”わかさぎ”の旬は産卵期の1~3月です。

”わかさぎ”は中1尾25g程度の魚です。栄養的に”わかさぎ”はたんぱく質、脂質は多いほうではありませんが、まるごと食べるので、カルシウム、リン、鉄のよい供給源となります。その他にも”わかさぎ”にはビタミン類も比較的多く含まれます。

”わかさぎ”は鮮度が低下しやすいので調理する際には注意が必要です。”わかさぎ”にあう料理方法はてんぷら、から揚げ、マリネ、つくだ煮などです。”わかさぎ”を素焼きにして干したものは、昆布巻きのしんあめ煮に利用されることが多いです。

わかさぎに含まれる健康成分

わかさぎに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□わかさぎに含まれる成分(セレン・セレニウム)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 免疫力強化 / 動脈硬化 / 糖尿病 / 抗酸化作用 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□わかさぎに含まれる成分(ビタミンD)の効果があると思われるもの
骨盤 / アンチエイジング / 歯 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 前立腺ガン(前立腺癌) / インフルエンザ / ・・・もっと見る
□わかさぎに含まれる成分(ビタミンB12)の効果があると思われるもの
足のしびれ / 美肌 / 美白 / ストレス / 精神安定 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにわかさぎについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「わかさぎ 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加